移転祝いを贈るタイミング

移転祝いを贈るタイミング

移転祝いを贈るタイミング

移転祝いとして胡蝶蘭を贈るタイミングは、お祝いの当日に届くように贈るのが一般的です。

 

また出来るだけ仏滅などの縁起の悪い日は避け、大安の日を選びます。

 

 

 

ですが、贈り先によっては開店当日に忙しい場合もあるため、前日に届くように贈ったり、

 

開店の忙しさが落ち着いてから贈るなどの気遣いが喜ばれる場合もあります。

 

贈り先によって、そのタイミングを図りましょう。

 

 

 

移転祝いを贈る前に最も気を付けたいのが、「移転が完了しているか」を確認する事です。

 

お知らせが届いた場合多くはもう移転した後ですが、万が一まだ新しい場所に誰もいなければ意味がありません。

 

その場合再配達になってしまうため、生花を贈る際は念の為にも、

 

お知らせが届いた時に「移転が完了してるか・受け取れるか」の2点を確認しておくと安心でしょう。

 

もしくは胡蝶蘭を贈る前に、お祝い状を先に贈っておくのも良いかもしれません。

 

 

 

上記では特に事務所移転の際に贈るタイミングについて書きましたが、

 

もし贈り先で移転披露宴などを催す場合は、それに合わせて贈る必要があります。

 

この場合は当日の朝までに花が届いていなければなりません。

 

何もトラブルが無ければ良いですが、万全を期すならば前日に届くように贈ると良いでしょう。

 

会場での準備があるため前日のお届けでも問題はないでしょうが、

 

事前に担当者への了解を取っておきましょう。

 

 

 

もしも移転当日から数日後までに贈るのが間に合わず遅れてしまった場合ですが、

 

移転から1ヶ月後を目安に、出来るだけ大安の日を選んで贈りましょう。

 

その際に謝辞も添えて贈ると安心です。

 

 

 

贈るタイミングはとても難しいものですが、日にちに厳格にこだわる事よりも、

 

なにより“気持ちをこめて贈る”という事を一番に考えて贈ることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ